古今亭志ん朝「火焔太鼓」

お気に入り登録

作品詳細

三代目・古今亭志ん朝の得意とした演目の一つ。
お人好しの道具屋の主人。店の商売はうまくいかず、変な物を仕入れては女房に叱られる毎日。そんなある日、ほこりだらけの古びた太鼓を安く仕入れてくる。品物の値打ちを知って仕入れた訳ではなかったが、実は、この太鼓「火焔太鼓」といって大変な名器だったのだが…。

関連情報(コラム・特集・プレゼントなど)

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント
8