お知らせ・NEWS

作品詳細

ここは桜満開の吉原仲之町、紋の入った箱提灯を手に奴駒平がやって来た。主人のお供に遅れてしまったので、浅草田圃の近道を走ってきたのだが、主人とはぐれたまま。駒平はひと休みした後、大の自慢の主人が廓で一番というその姿を真似てみたり、座敷遊びの様子を真似て踊って見せたりしているうちに、急いでいることを思い出し再び主人を追いかけて走り出すのだった。

「通り神楽」の鳴物で幕が開くと「して来いな」という威勢の良い掛け声とともに駆け出す躍動感あふれる奴駒平を宗生改め福之助が務めます。

(2016年/平成28年11月・歌舞伎座)

放送スケジュール

(C)松竹株式会社

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント