女殺油地獄

お気に入り登録

作品詳細

大阪の油屋・河内屋の次男・与兵衛は、元締の娘・小菊と深い仲になってしまう。2人の道ならぬ恋を知った奉公人のお吉は何とか2人を別れさせようと手を尽くすが、やがて、血塗られた悲劇が…。近松門左衛門の世話浄瑠璃を名匠・五社英雄が映像化、彼の遺作となった作品。

大阪本天満町の油屋、豊島屋の女房・お吉が惨殺された。油と血のりが混じりあった惨状をきわめる現場には“河内屋”の銘の入った油樽がころがっていた。河内屋は、豊島屋がのれん分けしてもらった油屋で、かつてお吉はそこへ奉公し、次男の与兵衛の乳母がわりもしていた。だが、与兵衛が4歳の時に河内屋の主人は他界し、番頭だった徳兵衛が義父となったことから与兵衛はグレ出し、お吉は彼の遊びの尻ぬぐいをしてやっていた。そんなある日、お吉は与兵衛が油屋の元締、小倉屋の一人娘・小菊と密会を重ねていることを知る。2人の関係が表ざたになると河内屋の看板が取りあげられかねない。お吉に意見され神妙にうなづいた与兵衛だったが、小菊との関係は続き、ついに番所の手が入り2人は役人に捕らえられてしまう。

動画

放送スケジュール

(C)1992 フジテレビ/松竹撮影所

関連情報(コラム・特集・プレゼントなど)

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント