梅ごよみ

お気に入り登録

作品詳細

為永春水の人情本「春色梅児誉美(しゅんしょくうめごよみ)」「春色辰巳園(たつみのその)」が原作。深川の芸者同士の強烈な意気地の張り合いが見ものだ。

江戸末期の色男の代名詞になったほどの二枚目・丹次郎を、仇吉(あだきち)と米八(よねはち)という二人の辰巳芸者が奪い合う。仇吉が丹次郎のために誂えた羽織を米八が庭へ叩きつけて踏みにじるなど、美しい二人がぶつかり合っての意地と張り、それに伴う喜怒哀楽がみどころ。また深川特有の花街言葉も聞きどころ。

玉三郎の仇吉、勘九郎(十八世勘三郎)の米八、段治郎(現・喜多村緑郎)の丹次郎ほかの出演で。

(2004年/平成16年12月・歌舞伎座)

関連情報(コラム・特集・プレゼントなど)

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント
8