平安群盗傳 袴だれ保輔

お気に入り登録

作品詳細

『白夜の妖女』などで知られる滝澤英輔監督が、吉川英治の原作を池部良主演で映画化。

藤原一門が権勢と栄華を極め、庶民はその重圧に苦しんでいた頃のこと、袴だれ保輔と呼ばれる侠盗が現れ、庶民の頭上に盗んだ黄金の雨をばらまいては姿を消すのであった。彼はその昔、秀才の誉れが高かったにもかかわらず、家名のある家の子弟でないところから、当時の栄達の唯一つの道である勤学院の試験に落とされたことを怒って、唯一人の母と許婚の千種とをすて、盗賊となり果てたのであった。

放送スケジュール

(C)1951東宝

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント
8