赤城の血煙 国定忠治

作品詳細

高田浩吉の初の国定忠治作品。雄大な赤城山を背景に、若き日の血気盛んな忠治が関八州で悪代官を斬りまくる本格的股旅時代劇。

兄弟分の府中の万太郎から急用の手紙をもらった忠治は、雪解けの甲州路を急いでいたが、道中この手紙を盗まれてしまう。通り合わせた晃円と名乗る生ぐさ坊主が何かと助けの手を出そうとするが、見知らぬ男の恵みを受け取る忠治ではない。すると晃円は何もかも知り尽くした様子で、「万太郎さんは殺されたぜ」と驚かせるのだった。

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント
8