雷門小助六「七度狐」

作品詳細

上方落語の演目の一つ。お伊勢参りに出かける旅人二人が、ひょんなことから狐を怒らせてしまい、仕返しに狐に化かされる様子を物語るお話。“ハメモノ”と呼ばれる三味線、太鼓の生演奏が入った賑やかな一席。冒頭に小助六による「落語の見方」の解説付き。
(令和2年8月28日 「第三回ぎんざ木挽亭おんらいん」より)

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント
8