桂雀々「蛸芝居」

作品詳細

出演

大阪船場に旦那から番頭、手代、丁稚、女子衆までがいたって芝居好きという不思議な店があった。例えば、朝も旦那が歌舞伎の三番叟を演じて、奉公人たちを起こして回るなど。
奉公人たちは、何をするにも、芝居の幕が開けるため、旦那も怒ってばかりいるのだが…。
初代桂文治が作ったあと、改作などを繰り返し受け継がれる上方古典落語の一席。(令和元年10月18日 紀尾井ホール「桂雀々独演会 上方落語大全」より)

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント
8