<シネマ歌舞伎>『東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖』

作品詳細

歌舞伎座の夏芝居の風物詩として好評を博してきた『東海道中膝栗毛』。平成二十八年歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」ではお伊勢参りの途中でラスベガスにまで行ってしまうという新たな弥次喜多の物語が上演され話題となり、翌年にはシネマ歌舞伎として公開!そんなお馴染みの二人が活躍する今回の物語は、歌舞伎座で殺人事件に巻き込まれていく推理劇!弥次さん喜多さんのお騒がせコンビが奇想天外な謎に挑む、“やじきた”初のミステリーをご覧あれ!

お伊勢参りから江戸へと戻った弥次郎兵衛と喜多八。伊勢までの道中で一文無しとなった二人は、仕方なく歌舞伎座でのアルバイトを再開する。劇場では『義経千本桜』の初日を明日に控え、切符は完売御礼で大盛況。しかし、舞台裏では俳優の悪い噂が流れ不穏な空気が。一方、弥次喜多の二人は相変わらずの失敗続きで、怒られてばかりの日々。そんなある日、稽古中に舞台で殺人事件が発生!弥次喜多の二人は犯人として疑われてしまい…。
(上演:2017年/平成29年8月・歌舞伎座/公開:2018年/平成30年6月)

放送スケジュール

写真:齋藤芳弘 ※サブ画像は (C)松竹株式会社

関連情報(コラム・特集・プレゼントなど)

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント
8