トンチンカン 怪盗火の玉小僧

作品詳細

「悲剣乙女桜」につぐ宝塚作品。「総理大臣の恋文」の監督斎藤寅次郎、脚本八住利雄、撮影友成達雄のトリオによって、キャストも堺駿二、伴淳三郎、田端義夫、清川虹子などの斎藤一家をそろえ、これに浅茅しのぶ、尾上さくら、杉山昌三九など宝塚映画のレギュラーが参加している。

火の玉小僧と名乗る怪盗の出現で江戸は大さわぎ。--剛欲な富商上州屋源作は自宅の新築工事場にみつけた火の玉小僧の貼紙をむしりとり、懐に入れる。折しも強慾仲間の権三が訪ずれ、密輸利得の分け前の件で喧嘩わかれとなる。その夜源作は変死した。かけつけた目明し吉五郎は懐の貼紙から犯人は火の玉小僧と見当つけるが、女目明しお島は当日権三が訪れたときいてひとりうなずく。彼女は路地でみつけた毒蛇の死骸を権三の居間に投げこみ、曰くありげな彼の恐怖をひそかに見届けて帰った。と、間もなくその権三が何者かに刺され…。

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント
8