柳家小太郎(現・㐂三郎)「心眼」

作品詳細

按摩の梅喜が実弟に「食いつぶしに来やがったのか」と罵られる。
血の繋がった弟にそんなことを言われた梅喜は悔しいやら悲しいやら。
話を聞いた女房お竹は梅喜に薬師寺様への願掛けをするよう勧める。
三遊亭圓朝の晩年の作で、門下の三遊亭圓丸の体験をもとに創作されたといわれる。
(2021年2月14日 紀尾井小ホール)

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント
10