壁あつき部屋

作品詳細

作品名
タイトル

壁あつき部屋

放送日時
本編尺

110分

製作国

製作年

1956年

監督
脚本

巣鴨拘置所に服役中のBC級戦犯の手記「壁あつき部屋」の映画化。戦争犠牲者の実際の手記を下地に作られた、社会派作品。

巣鴨拘置所、そこには文明と平和の名において裁かれた戦犯達が服役している。その一人山下は、戦時中南方で上官浜田の命令で一人の土民を殺したのだが、その浜田の密告で重労働終身刑の判決を受けた。また横田は戦時中米俘虜収容所の通訳だっただけで巣鴨に入れられた。しかも戦時中、横田がたった一人人間らしい少女だと思った優しいヨシ子は、今では渋谷の特飲街で働いていた。朝鮮人の許も、神経質な山下もこうして戦犯の刻印をおされた犠牲者の一人にすぎなかった…。

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント
11