新版歌祭文 野崎村

作品詳細

タイトル

平成21年12月・歌舞伎座

放送日時

6月7日(金) 午後4:00 - 午後5:15

6月12日(水) 午後4:00 - 午後5:15

6月25日(火) 午後4:00 - 午後5:15

本編尺

74分

製作国

製作年

2009年

情感溢れる世話物の名作を。「新版歌祭文」は安永9年(1780)に大坂竹本座で初演された近松半二の人形浄瑠璃。「歌祭文」とは当時流行した世俗的な物語を三味線で弾き語るという芸で「新版歌祭文」は有名な“お染久松”の心中事件を題材にした作品のひとつ。

舞台は大坂・野崎村にある久松の実家。奉公先の油屋で金を紛失した咎で実家に戻された久松、久松を慕う許婚のお光、そして久松を追って来た油屋の娘お染。三人の若者たちの純真な恋と、それを見守る家族の絆が描かれる。平成21年12月歌舞伎座さよなら公演より、福助のお光、橋之助(現・芝翫)の久松、孝太郎のお染、彌十郎の久作、秀調の後家お常でお届けする。

(2009年/平成21年12月・歌舞伎座)

放送スケジュール

(C)松竹株式会社

関連情報(コラム・特集・プレゼントなど)

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント