この空のある限り

作品詳細

タイトル

この空のある限り

放送日時
本編尺

88分

製作国

日本

製作年

1964年

監督・脚本
原案

巨大な工場が立ち並ぶ煤煙と騒音の町・川崎を舞台に、母と娘、そして生き別れになっていた祖母ら親子3代の血の繋がりを描いた異色のホームドラマ。当時、映画界から注目を浴びていた異能の歌人・寺山修司の原案を映画化。田村正和は主人公の級友役で出演。

巨大な工場と、煙と音が交錯する街川崎。野上則子は、そんな街のかたすみに住む、高校生だ。家族は、タクシーの運転手の父竜太郎、工場で働く母千枝子、それに女房に死なれた竜太郎の弟亀三の子供ひろしの四人。母千枝子は、幼い日に別れた母静江への想いを筆に託して詩集をつくっていた。それを知った則子は、ステレオ欲しさに、母の詩集から一篇を抜き出し新聞に投稿し、賞金三万円を狙った。やがて、その詩は佳作に入選した。が、その喜びも束の間、父竜太郎が進行性肝炎で倒れた。戦争で受けた鉄砲弾が体に入っていたのが原因だった。夫の死とともに千枝子の生活は一変した。チンドンヤ夫婦を二階に同居させ、工場もやめて儲けの多い氷屋に転業した。そんなとき、新聞社を通じて捜していた千枝子の母静江が九州にいることがわかった。千枝子は信じられない嬉しさに茫然としながらも、何度も母のもとへ手紙を出すが…。

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント
8