抱かれた花嫁

作品詳細

作品名
タイトル

抱かれた花嫁

放送日時
本編尺

96分

製作国

日本

製作年

1957年

監督

明朗喜劇花嫁シリーズの第一作でもある。浅草の老舗“鮨忠”の女将・ふさは、育てあげた長男も次男もまったく店を継ぐ気を見せず、あせりの面持ち。仕方なく長女・和子に養子を取らせようとするのだが…。監督は、本作に代表される大船調喜劇に才を発揮した番匠義彰。

浅草の老舗「鮨忠」の女将ふさは戦争未亡人ながら三人の子を育て上げ店まで復興させた男まさり。ところが長男の保は芸術家肌で、すし屋を嫌って家出、今はストリップ劇場の座付作者、次男の次夫は大学生だが哲学専攻という変り者で店を継ぐ子供がいずふさの頭は痛い。仕方なく彼女は長女の和子に、袋物屋の三男坊、秀人を養子に迎えようとするが…。

おすすめ作品

キャンペーン・PR Campaign & PR

SNS

衛星劇場
LINE公式アカウント
7