衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク

宝塚BOYS (team SEA)

  • チェック
本編尺:195分
製作年:2018年
原案:辻則彦(「男たちの宝塚〜夢を追った研究生の半世紀〜」神戸新聞総合出版センター刊)
作:中島淳彦
演出:鈴木裕美
出演:良知真次 藤岡正明 上山竜治 木内健人 百名ヒロキ 石井一彰 東山義久 愛華みれ 山西惇

2014年、創立100周年を迎え、“女性だけのレビュー劇団”として、いまや日本のみならず、世界でも知られる存在である宝塚歌劇団。その長い歴史の中で、かつて「男子部」があった事実は殆ど語られていない。1945年、「明日の宝塚スター」を夢見て集まって来た男たち。しかし9年後、解散。その間、彼らはメインステージである宝塚大劇場に一度も立つことはなかった。そんな男たちの、ちょっと可笑しくて切ない青春グラフティ。

<あらすじ>
昭和20年秋…第二次世界大戦が終わったばかりの激動の時代。幼い頃から宝塚の舞台に憧れていた若者・上原金蔵は、一枚の召集令状で青春を失い、今度は自らの書いた一枚の手紙で人生を変えようとしていた。手紙の宛先は宝塚歌劇団創始者・小林一三。内容は宝塚歌劇団への男性登用を訴えるものだった。折よく小林一三も、いずれは男子も含めた本格的な“国民劇”を、と考えていたのだ。そうして個性豊かな面々が宝塚歌劇男子部第一期生として集められるが、劇団内、観客などの大半が男子部に反対。男子部のメンバーはいつか大劇場の舞台に立てることを信じ、声楽・バレエ…と慣れないレッスンに明け暮れるが、やがて男子部の存在を否定するかのような事件が発生し…。(2018年8月4日〜8月19日 東京芸術劇場 プレイハウス)

各話放送日一覧

劇場への扉〜素晴らしき演劇の世界〜
- 1月 1日(火) 後 4:15 20日(日) 後 4:00

« ステージアワー一覧へ戻る

▲このページの先頭へもどる