衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク

Special Interview 加納幸和 場面転換が多いので動く大道具〞を使いながらお客さんが飽きないような見せ方を工夫しました

加納幸和

漫歌舞伎劇『黒蜥蜴』は、江戸川乱歩の名作を基に、黒蜥蜴と名探偵・明智小五郎の対決と恋の駆け引きが展開される。創立30周年というアニバーサリーイヤーの最終作として、昨年上演された本作は黒天使組〞と黒夫人組〞のWキャストでお届け。脚本と演出を担当した加納自身も主人公の黒蜥蜴〞に扮している。


「以前、上演した『毛皮のマリー』もそうでしたけど、今回の原作も登場人物が少ないんです。どうしても俳優が余ってしまうのでダブルに。僕と谷山知宏が、それぞれ黒蜥蜴を演じると決めた後、バランスを見ながらキャスティングしていきました」


Wキャストで送るが、両組とも演出は同じ。


「不思議なもので、同じ芝居の型であっても演じる人間が変われば見え方も違ってくるんです。俳優は体が楽器ですから。いくら誰かと取り替えたいと思っても、自分の体と生涯付き合っていくしかないんです。そんな役者同士のぶつかり合いが、上手く作用しているんでしょうね」


乱歩の『黒蜥蜴』は、三島由紀夫の戯曲を基に舞台化されることが多いが、今回は加納が手掛けたオリジナル。


「なるべく、それぞれの登場人物たちに光が当たるように脚本を書きました。演出に関しては、小説から起こしているから場面が多くなってしまうんです。でも、それはそれで面白いので動く大道具〞を使って、場面転換の時にお客さんが飽きないような見せ方を工夫しました。時にはシーンとシーンがクロスするところもありましたよ(笑)」


今後の花組芝居の展望は?


「まだまだ歌舞伎の古典の名作はたくさんあるので、一つずつ取り上げていきたいですね。個人的な欲としては体が動くうちにやっておきたい役にどんどん挑戦したい。最近は、そんなことを思いながら演目を選んでいます(笑)



衛星劇場:番組の視聴方法はコチラ

スペシャルインタビューバックナンバー