衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク
  • 加入申し込み
  • 会員登録
  • 番組表

衛星劇場 Presents イベントレポート 映画・韓流・舞台など、衛星劇場のイベントを中心に当日のステージや会場の様子を写真と共にご紹介!

2017年4月6日

映画『心に吹く風』特別試写会

イベントレポートメイン画像
左から ユン・ソクホ監督 真田麻垂美

2017年4月6日、あの「冬のソナタ」を生み出したユン・ソクホ監督の劇場用映画第一弾『心に吹く風』の特別試写会が東京・韓国文化院ハンマダンホールで開催されました。

映画は北海道の雄大な自然を背景に、初恋を忘れられない男女の愛を描いた大人の純愛ラブストーリー。主演は眞島秀和さんと真田麻垂美さん。さらに音楽監督には「冬のソナタ」でもお馴染みのイ・ジスさんが参加し、ユン・ソクホ監督の作り出す美しい映像とともに唯一無二の世界を作り上げ、会場に集まった観客の皆さまを魅了していました。

上映後には、本作の監督・脚本を務めたユン・ソクホ監督が登壇。映画の余韻に浸る会場で、「久しぶりに日本のファンの皆様、と言ってもよろしいでしょうか?皆様とお会いできて嬉しいです」とユン・ソクホ監督らしい、謙虚な言い回しで日本語を交えながら挨拶をされました。

トークショーでは日本で映画を制作することになった経緯や、脚本の執筆にあたって北海道の色々な場所を見て回りそこで得た印象をもとに執筆を行ったなど、映画制作にまつわる話を語ってくださいました。

そんな中で、テレビドラマと映画の違いについて聞かれると、「テレビドラマでは登場人物が作品の中心になり、自然というものはただの背景になってしまうが、今回の映画では自然から受けたインスピレーションを大切にし、自然の一部である人間、ということを意識して作ってみました」と表現方法の違いや、「テレビドラマを作るうえで一番怖いのはリモコンだったのだが、映画ではチャンネルを替えられる心配もないので自身の描きたいものが描くことができた」とドラマを多く手掛けてきたユン・ソクホ監督の新たな一面を表現できた場として映画表現の楽しさを語られました。

また「冬のソナタ」から共同作業を行ってきたイ・ジスさん(音楽監督)とのエピソードから、映画と「冬のソナタ」との深い関係性や、監督自身も気づかなかった共通するシーンの話、さらには「冬のソナタ」に関する“積年の謎”など、韓国ドラマファンにはたまらない話題も出てきて、会場に集まった観客の皆さまを楽しませてくださいました。

最後には映画のヒロインを演じられた真田麻垂美さんもスペシャルゲストとして登壇し舞台に華を添えました。

トークショーの模様は6月に「心に吹く風」公開記念特番の中でお送りいたします。
映画は6月17日(土)より新宿武蔵野館他にて全国順次ロードショーとなります。番組と合わせてお楽しみください。

撮影:宮田浩史

Information



  • Gallery画像1ユン・ソクホ監督
  • Gallery画像2左から 田代親世 ユン・ソクホ監督
  • Gallery画像3
  • Gallery画像4
  • Gallery画像5