衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク

シムクン♪韓流

初恋相手をめぐり、過去の自分と三角関係!?『ラブ・トライアングル〜また君に恋をする〜(原題:やきもき)』

『ラブ・トライアングル〜また君に恋をする〜(原題:やきもき)』

人気バンドCNBLUEのベーシスト、ジョンシンが主演したファンタジーラブロマンス。『いとしのソヨン』に始まり『シンデレラと4人の騎士』『猟奇的な彼女』など、これまで着実にドラマ出演を重ねてきたジョンシンの、初主演ドラマです。


ジョンシンが演じる主人公のカン・シヌは、高校時代に片思いしていた初恋相手ジスのことが忘れられず、ジスと離れ離れになって10年、一度も恋愛をしたことがないという28歳の数学教師。当時、自分の思いをジスに伝えられなったことを後悔しているシヌは、ある日、偶然10年前にタイムスリップしてしまいます。なんとシヌは、そこで10年前の自分=高校生のシヌと、ジスの担任になることに。それならば、と、かなわなかった自分の初恋を成就させるべく、大人のシヌは高校生のシヌとジスの間を取りもとうとします。ところが、肝心のジスは、何かと自分を気に掛けてくれる“シヌ先生”のことが気になりだし、大人のシヌ&高校生のシヌ&ジスの3人の思いが微妙に絡み合っていきます。


ずっと恋愛ができない自分を変えようと、高校生の自分の恋を応援するはずだったのに、初恋相手が大人になった自分に好意を持ち始めるという、大人のシヌにとっては予想外の展開。とはいえ、大人になった自分も、間違いなく自分は自分。ジスに思いを寄せられることは、ある意味本望。でもそれでは話がややこしくなってしまう……。実に微妙な3人(?)の恋のゆくえや切ないすれ違いがテンポよく描かれ、未来を変えるために、そして時には未来を変えないために奮闘するシヌの姿が見どころです。


タイムスリップものでは、現在と過去(または未来)の自分を一人二役で演じることも多いと思いますが、本作では過去のシヌ役をジョンシン本人ではなく、若手俳優のソ・ジフンが演じています。最初は全然違って見える二人ですが、徐々に似て見えてくるので不思議です。「こんな先生がいたら学校中が大騒ぎに違いない」と思わせるジョンシンの高校教師姿はもちろん必見。そして、高校生のシヌを演じるソ・ジフンのフレッシュでキュートな演技も同じくらい胸キュン必至です。初恋にときめき、悩み、傷つく姿がさわやかで、何より、とびきりの笑顔がまぶしい……。ドラマ『シグナル』の演技も話題を呼び出演作が続いているだけあって、要注目の俳優さんです! 大人シヌと高校生シヌの関係性(同一人物ですが)にも、なんだかほっこりさせられますよ。