衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク
  • 加入申し込み
  • 会員登録
  • 番組表

シムクン♪韓流

爆笑×胸キュン ナム・ジュヒョクの魅力爆発ラブコメディ『ハベクの新婦』

『ハベクの新婦』

今をときめく旬の若手俳優ナム・ジュヒョク主演の胸キュンラブコメです。『恋のゴールドメダル〜僕が恋したキム・ボクジュ』に出演したナム・ジュヒョクを見ながら、「人って本当にこんなにキラキラできるんだ……」とその爽やかな輝きに驚かされたものです。神と人間のロマンスを描いた本作でも、そんなナム・ジュヒョクの魅力をめいっぱい堪能できます。原作は韓国で人気を博した同名の少女漫画。それを現代風にリメイクしているのですが、『ミセン-未生-』の脚本家と『イニョン王妃の男』の演出家がタッグを組み、制作は『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』の制作会社という力強い布陣にも注目です。


ナム・ジュヒョクが演じるのは、人間界に降りてきた水国の神、ハベク。ハベクは水国の次期王になるために必要な3つの「神石」を手に入れるため、その神石を持つ神たちがいる人間界にやってきます。ところが人間界に着いたとたん、ハベクは神の力を失ってしまったばかりか、神石を持つ神々の居場所を記した座標もなくしてしまいます。路頭に迷うことになったハベクでしたが、偶然出会った神経精神科医のソアのことを、水の神に仕えてきた従者の孫だと確信すると、ソアを従わせ神石を持つ神たちを捜し出そうと奮闘します。


ソアを演じるのは、シリアスからコメディまでふり幅の広い演技を見せるシン・セギョンで、“ケミ”と呼ばれるナム・ジュヒョクとのケミストリーが抜群です。いきなり現れたハベクに“従者”扱いされるソアは、ワケが分からず彼を患者扱いするものの、ハベクに振り回されながら結局いつも世話を焼くはめになり、そうこうしながら二人の関係もだんだんと特別なものになっていきます。“神”らしく常に泰然自若としたハベクの言動が、人間界では完全にズレてしまって“珍言動”に映る具合が絶妙にコミカルなのですが、一方で、オレ様全開ながら無意識に繰り出すツンデレや、ソアを守ろうとするカッコよさは究極の胸キュンです。


人間界に住む水の女神ムラをf(x)のクリスタルが、天の神ビョリムを5urprise(サプライズ)のコンミョンが演じていて、彼らとハベク、ソアの関係や、ハベクが捜す神石の行方も気になるところ。ハベクのお世話係として神界から一緒に人間界にやってくる家来のナム・スリとハベクのコンビはコミカルだし、イム・ジュファンが演じるリゾート会社の代表はちょっと謎めいた存在。キャラクターもストーリー展開も見どころ満載で楽しめます。