衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク
  • 加入申し込み
  • 会員登録
  • 番組表

シムクン♪韓流

美しく壮大なファンタジーロマンス『トッケビ(原題)』

『トッケビ(原題)』

ケーブルテレビの歴代最高視聴率記録を塗り替えたレジェンド・ドラマ。『相続者たち』や『太陽の末裔 Love Under The Sun』などでヒット作を連発する脚本家キム・ウンスクの初のファンタジー作品にして、今やすっかり映画界のスターとなり活躍するコン・ユが4年ぶりにドラマ出演するというだけでも放送前から大注目の作品だったのですが、その斬新な世界観には何度も唸らされました。


主演のコン・ユが演じるキム・シンは、戦で負け知らずの高麗の武将でしたが、王から嫉妬を買い謀反の罪を着せられ命を落としてしまいます。その後、神により永遠の命を与えられ、現代まで900年の月日を孤独に生きてきたというキャラクターです。劇中、その存在は「トッケビ」と呼ばれます。トッケビは日本語では「鬼」と訳されますが、角の生えたあの鬼だけでなく、お化けや妖怪、また時には人間に福をもたらす神様に近い存在としてとらえられることもあるようです。そんなキム・シンは、ひょんなことからイ・ドンウクが演じる死神と同居することになるのですが、“鬼”や“死神”のイメージに似つかわしくないスタイリッシュな二人のお姿が、まずは何よりの眼福ビジュアルにして奇抜な設定です。


キム・シンは自らが戦で多くの人を殺めた罰として不滅の命を与えられたのだと苦悩し、その命を終わらせることを望んでいます。一方の死神は、生前に自分が犯したといわれる大罪の記憶が一切なく、苦しみます。二人はそれぞれ、不滅の命を終わらせることのできる“トッケビの花嫁”ウンタク(キム・ゴウン)、チキン屋の美人オーナー、サニー(ユ・インナ)と出会い、ピュアなロマンスを繰り広げるのですが、望んでいたはずの死が同時に愛する人との永遠の別れとなることに葛藤するトッケビ、生前の記憶がよみがえるにつれ明らかになるサニーとの関係が切なすぎる死神、どちらのストーリーにも、ぎゅっと胸が締め付けられます。


トッケビとウンタク、死神とサニーのロマンスは、もちろん胸キュン。浮世離れしたトッケビと死神の男同士の“ブロマンス”にも、もれなくときめきます。先祖代々トッケビのお世話をする家門のドクファ(ユク・ソンジェ/BTOB)のお茶目なキャラクターも魅力的で、くすっと笑えるコミカルなシーンも満載。そんな中で、人間の生と死、転生にスポットを当てながら展開する脚本がとにかく秀逸なんです。笑いと涙、感動、ときめき、癒やしが次々に感情を揺さぶります。トッケビが生かされた意味、死神が犯したという大罪、そして死神になった訳が、どれも深い……。ぜひ、あらゆる登場人物に注目しながら、セリフの一つひとつをかみしめてほしいと思います。