衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク
  • 加入申し込み
  • 会員登録
  • 番組表

シムクン♪韓流

極度に内気な社長と超ポジティブ新入社員が繰り広げるオフィスラブ『内省的なボス(原題)』

『内省的なボス(原題)』 2016年の超話題作『また!?オ・ヘヨン〜僕が愛した未来(ジカン)』のソン・ヒョヌクが演出を手掛けた本作は、仕事はデキるのに、あまりにも内気で人前に出ることを嫌う社長・ファンギが、とびきり社交的な新入社員ロウンに出会って徐々に変わっていく姿が描かれます。


『恋愛じゃなくて結婚』『離婚弁護士は恋愛中』のヨン・ウジンが演じる主人公のファンギは、定番のツンデレキャラや俺さまキャラとはほど遠い、超内気な人見知りキャラ。業界トップの広告会社の社長でありながら会議や会食にも顔を出さず、1日中CEO室から出てこないほど。社員ですらファンギの顔を見たことがないというナゾの存在で、対外的な仕事はファンギの親友ウイルが担っています。そんなある日入社してきたロウンは、ファンギと真逆の明るく社交的な女性で、ファンギは何かとロウンのペースに振り回されながら、特別な感情を抱くようになっていきます。ロウンには、『師任堂(サイムダン)、色の日記』でイ・ヨンエが演じるサイムダンの少女時代を演じたパク・ヘスが、ウイルには『家族なのにどうして〜ボクらの恋日記〜』のユン・パクが扮します。


人前ではおどおどしていてじれったいファンギが、少しずつ周囲の人に心を開いていき、恋する気持ちに悩む姿はとてもキュート。“変わらなきゃ”と自らを奮い立たせる姿はちょっぴりいじらしくて応援したくなるし、そんな内気なファンギが時折見せる男らしさやすてきなキスシーンにはキュンとさせられ、ヨン・ウジンの魅力が光っています!


その一方で、ロウンがファンギの会社に入社したのは、以前CEO室の秘書だった姉ジヘの自殺の原因がファンギにあると思い込み、ファンギに復讐心を抱いていたから。そしてそこには、ファンギの妹イス、そしてイスの恋人でもあるウイルが絡んでいるという複雑な関係も。ファンギの内気な性格と優しさから生じるさまざまな誤解はひとつずつ解けていき、徐々に事実が明らかになっていくのですが、それによりファンギとロウンにはまた新たな葛藤が生まれていくところも、ひとつの見どころ。コミカルでキュートだけど、どこか切なく、そして温かさと優しさにあふれた作品です。