衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク
  • 加入申し込み
  • 会員登録
  • 番組表

歌舞伎彩歌

女に目がない源頼朝? 異色の源氏再興旗揚げ秘話

『大商蛭子島』


父・源義朝の討死以来、伊豆に流されていた息子の頼朝。身元預かりの伊東祐親(すけちか)の娘と恋仲になりましたが、正式に夫婦となったのは北条政子。これは史実ですね。源氏本流の身で常に監視され、無為の日々を過ごしていた頼朝に源氏旗揚げの気運が巡って来た時、彼はどのような決断をしたのか? その時彼を愛する女たちの運命は? いわば「そのとき歴史が動いた」一日を、歌舞伎らしいユーモアとぶつかり合う女の情念、そして男の本懐で描いた作品です。


前半は、妙齢の娘ばかりが通う寺子屋の場面から。平安時代に「寺子屋」があるわけもありませんが、そこが歌舞伎の醍醐味。観客たちにとって歴史の一幕が身近になるように、馴染みのある環境になぞらえて物語が進行します。新入りの娘おます(中村七之助)の「寺入り」の場面もあり、歌舞伎をよくご覧になる方なら、「菅原伝授手習鑑」の「寺子屋の段」のパロディでもあるとお気づきになることでしょう。


お師匠さんの立場を利用して、あの娘この娘にちょっかいを出す手習い師の幸左衛門(尾上松緑)に、女房のおふじ(中村時蔵)は気が気ではありません。とうとう我慢ができずに怒り出し、夫婦喧嘩となってしまいます。そこへやってきたのが一人の乞食坊主(中村勘九郎)。実は高雄山の文覚上人で、頼朝に源氏再興の意志があるかどうかを確かめにきたのでした。そう、この女好きの手習い師とは、頼朝の仮の姿、おふじは伊藤(伊東)祐親の娘・辰姫なのです。幸左衛門を頼朝と知って近づいたのは、文覚上人だけではありませんでした。おますも実は北条政子。関東武士の力を結集させるためには、北条氏の力がどうしても必要。意を決した辰姫は、源氏再興の悲願をずっと押し込めて生きてきた夫の気持ちを思いやり、政子と祝言をあげるよう頼朝に進言します。


後半、時蔵は長屋のおかみさんのようなおふじの姿から一転、品格がにじみ出る武士の娘・辰姫として登場します。頼朝と政子が初夜を迎える中、長唄「黒髪」にのって表される辰姫の苦悩。嫉妬と悲しみに身悶えする姿を時蔵がしっとりと演じます。松緑は前半の二枚目半のおかしみと愛妻辰姫への深い信頼、政子への複雑な心境と源氏旗揚げへの揺るがぬ決意など、一人の男の違った面を際立たせ、役者としての幅を示しました。