衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク
  • 加入申し込み
  • 会員登録
  • 番組表

歌舞伎彩歌

原作ファンも歌舞伎ファンも楽しめる、奇跡のエンタメ

シネマ歌舞伎『スーパー歌舞伎U「ワンピース」』


2015年10月、新橋演舞場で初演されたスーパー歌舞伎U(セカンド)『ワンピース』。原作は尾田栄一郎の大長編マンガでアニメも評価が高く、世界中にファンがいる人気作品です。「どうやって歌舞伎にするの?」と首をかしげる人、「原作を知らないと楽しめないのでは?」と不安に思った人、続出。でもふたを開けてみれば、そんなものはすべて杞憂に! 小学生からお年寄りまで、劇場を出るときの顔はみな幸せそのもの。誰もが楽しめる奇跡のコラボレーションが生まれたのです。


原作のあるものを歌舞伎にするとき、人物の関係やあらすじはそのままに、時代設定は江戸に移すというやり方もありますが、「ワンピース」は原作のテイストを生かし、衣裳・メイクもキャラクターデザインに忠実。ですから、原作やアニメのファンはすぐに物語の中に入っていけます。とくに坂東巳之助が演じたボン・クレー、中村隼人のイナズマ、浅野和之のイワンコフは、キャラクターが憑依したかと思うほど! 劇場に来た男の子が思わず「ボンちゃんがいる……」と呟いたというくらい、「ワンピースの世界」そのままが出現しました。


一方、「ワンピース」なんて見たことも読んだこともない歌舞伎ファンにも、思わずニヤリとする場面が続きます。海賊たちの名乗り上げは「白浪五人男(しらなみごにんおとこ)」、海賊船の(へさき)に立つルフィの姿に「毛剃(けぞり)」をダブらせ、白ひげ船長が単身、身を挺して戦うところはまさに「碇知盛(いかりとももり)」! 他にも「ヤマトタケル」をほうふつとさせる早替わりや宙乗り、本水(ほんみず)(本物の水)が滝のように流れるところで行われる立ち回りなど、ありとあらゆる歌舞伎の手法が使われているのです。客席ではお孫さんに「ワンピース」を教えてもらい、自分は歌舞伎のルールを教えてあげる熟年層の姿もたくさん見られたとのこと。物語の内容も、原作者の尾田氏が「時代劇や義理人情ものが大好き」というのですから、歌舞伎になじみやすいのは当然かもしれません。


仲間と協力して困難を乗り越え、大切な人を救出しようとする涙と笑いのピュアな物語。今回放送されるシネマ歌舞伎バージョンでは、編集することで、展開がよりスピーディーになっています。お茶の間で、ぜひ家族でお楽しみください!