衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク
  • 加入申し込み
  • 会員登録
  • 番組表

歌舞伎彩歌

ちょっと幕間「史実から物語へ〜いくつもの忠信物語〜」

碁盤忠信 歌舞伎をご存じの方であれば、「忠信(ただのぶ)」といえば「義経千本桜」の「狐忠信」を思い浮かべる方が多いと思います。伏見稲荷の鳥居前で静御前を鎌倉方の追っ手から救った家来・佐藤忠信は、義経から静の護衛を命じられ、静とともに吉野山を歩き、やがて川連法眼(かわつらほうげん)館にかくまわれている義経と合流します。しかしそこには故郷の奥州から駆けつけた本物の佐藤忠信がおり、静が連れていた忠信は、実は狐の化身であったと明らかになるお話です。


もちろん、これはフィクション。でも史実の佐藤忠信の経歴を巧みになぞっています。彼はもともと藤原秀衡の家来で、奥州に身を寄せていた義経が兄頼朝の平氏討伐に合流するとき、秀衡の命により義経に同行を命じられた者の一人。義経が頼朝から追われる身になってからも力を尽くした忠臣ぶりが、人々の心を打ったのでしょう。「平家物語」「源平盛衰記」「義経記」などの記述をもとに、さまざまな「忠信物語」が生み出されました。


能の「忠信」は、義経一行が吉野山で僧兵に襲われたときに、しんがりを務めた忠信が敵に矢を射かけて防戦したと伝えられる情景を物語にしています。この場所は、今「花矢倉」として吉野山の名所の一つとなっているので、訪れた方もいらっしゃると思います。能の舞台上では、実際に弓を持って演じるダイナミックな作品。一方、歌舞伎や文楽の「義経千本桜」では、狐忠信が川連法眼館に襲いかかる荒法師たちを、妖力で意のままに動かしてやっつけてしまいます。


吉野山を逃れ、洛中(京都)に潜伏した史実の忠信は、追っ手に取り囲まれて自刃します。そのあたりをもとに作られたお話が「碁盤忠信」。かくまってくれている舅も実は鎌倉方と通じており、忠信はふいをつかれ敵方に襲われますが、碁盤を片手で振り回すなどして応戦します。姿は隈取に車鬢(くるまびん)の鬘、大音声で科白を述べ立て見得をする――大勢の敵に対し一人で立ち向かう忠信の無類の強さを、「碁盤忠信」は荒事様式で表現しているのです。七代目松本幸四郎の襲名披露公演(1911年)以来上演が途絶えていたこの作品を、2011年、ひ孫にあたる市川染五郎が100年ぶりに復活させました。