衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク
  • 加入申し込み
  • 会員登録
  • 番組表

歌舞伎彩歌

「芝浜革財布」浜で拾った財布は夢かまことか? 〜落語でおなじみ人情噺

芝浜革財布


落語の「芝浜」といえば、「ああ、あれね」とピンとくる方も多いのではないでしょうか。三遊亭円朝作の落語の中でもよく知られた人情噺です。魚屋政五郎は酒好き遊び好き。今日は女房おたつに尻を叩かれ、いつもより早く夜明け前の芝浜海岸に着いてしまいます。手持無沙汰で魚市場の開くのを待っているうち、顔でも洗うかと波打ち際を歩いた足にまとわりついた紐。引き上げてみると、なんと立派な革財布ではありませんか! 中には大金が入っていました。政五郎は、これで当分遊んで暮らせるとばかりに狂喜乱舞。すぐさま家に帰ると、酒や肴を注文しまくり仲間を集めて昼間から大宴会を決めこみます。ところが、一晩寝て目覚めると、女房に預けたはずの財布がない!「知りませんよ、夢でも見たんじゃないですか? あんた、しっかりしてくださいよ」
それから3年。酒を断ち、生まれ変わったように働いて店まで構えるようになった政五郎に、おたつはあの革財布をおずおずと差し出すのでした。


舞台装置もあり役者もたくさん出てくる歌舞伎は、一人語りの落語に比べ、こまごまとした部分がリアルに描かれているのが特徴です。とりわけ革財布が中身の小判もろとも最後に政五郎の手元に戻ってくるくだりには、現在でいう「遺失物横領」にならぬよう、そして「濡れ手で粟」にもならぬよう、二重三重にディテールが張り巡らされ、ほのぼのとしたエンディングになっています。「夢だけど、夢じゃなかった革の財布」とでもいいましょうか。妻の機転で夫が改心し、自堕落な人生に終止符を打てたハッピーエンドものです。


政五郎は香川照之こと市川中車。「宵越しの金は持たない」豪快さと、恋女房に頭のあがらない小心さを併せ持つ、憎めない江戸っ子ぶりを好演しています。実はこのお芝居、政五郎の役は平成になってから、尾上菊五郎と坂東三津五郎しか演じていません。その三津五郎も亡くなってしまいました。中車が歌舞伎の世界に足を踏み入れて4年、こうした江戸庶民の生活を描いた「世話物」にとって、彼はすでに欠かせない柱の役者となっています。