衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク
  • 加入申し込み
  • 会員登録
  • 番組表

歌舞伎彩歌

歌舞伎彩歌「鳴神」高僧に仕掛けられたハニートラップ

鳴神


古今東西、世に「女性問題で失敗した」殿方は、たくさんおられるようです。女好きで失敗した人もいれば、逆にあまりに知らなさ過ぎて、手玉にとられる場合もあるでしょう。


鳴神上人はたいへんな霊力の持主でした。世俗的なことに溺れるような人ではなく、深山の滝のかたわらに庵を結んで一心に祈り、修行に明け暮れるマジメなお坊さんです。「正しいこと」しか頭にない人にありがちですが、鳴神上人は「間違ったこと」をした人を赦すことができません。自分との約束を守らなかった天皇をひどく恨み、龍神を封じ込めて雨を降らなくしてしまいました。


日照りが続いては、田畑が疲弊し、飢饉になりかねません。問題解決のため鳴神上人のもとに送られた女スパイが雲の絶間姫です。彼女のミッションは上人を色香で惑わせ、どうすれば龍神を解き放てるかを探ること。俗にいう「ハニートラップ」ですね。絶世の美女である彼女は、見せるともなく裾をからげて白い足を露わにしたり、艶っぽい話をしたり。するとお上人様、そういうことに免疫がありませんから効果てきめん! 気もそぞろで庵の段から転げ落ちて失神してしまいます。
すかさず口移しで水を飲ませる女スパイは、上人が意識を取り戻したのを確認すると、今度は急に苦しがり「胸をさすって」と上人の手を自らの襟元へ、その奥へ、と誘います。


人を疑うことを知らない鳴神上人は本気で彼女を心配し、「ここか? ここか?」と胸をさするうち、手に「自分の胸にはないふくらみ」を感じてハッと飛びのきます。しかし時すでに遅し! 二つの「ふくらみ」が上人のアタマの中をグルグル回り、煩悩が堰を切って体中を駆け巡り、そして…! 雲の絶間姫はついに秘密を聞き出し龍神を解き放ちます。騙されたと知った上人は烈火のごとく怒り、ものすごい形相で彼女を追いかけていくのでした。


きっと江戸時代の庶民は「偉いお坊さんも美女の色仕掛けにはイチコロなんだな」と、うぶなお上人様を笑ったり哀れがったりして楽しんだのでしょう。リクツに凝り固まって人の心の機微に疎いと、足をすくわれるよ、という教訓話にもとれますね。