衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク
  • 加入申し込み
  • 会員登録
  • 番組表

Close Up & Spotlight

舞台『パタリロ!』個性的なキャラクター完全再現でギャグ&耽美フェロモン炸裂!

舞台「パタリロ!」

もしあなたが原作の漫画「パタリロ!」を知っていたら、登場人物たちの再現性に驚嘆するだろう。でも原作を知らなくても、一つも戸惑うことはない。キャラクター、ビジュアル、音楽、ダンス、スピーディな場面展開……舞台に必要な要素はすべてそろっている。ギャグあり危機ありラブシーンあり、美しさと楽しさ、妖艶さと爽快さ、感情は大きく揺さぶられ、片時も観客を惹きつけて離さない。単なるギャグの連続かと思いきや、登場人物それぞれの心情が丁寧に描かれているので、観終わったときには感情移入、すべてのキャラクターが愛すべき存在になっているのだ!


舞台の成功は、まずキャスティングにある。主人公のパタリロ・ド・マリネール8世に加藤諒。年齢は推定10歳で天真爛漫かつわがまま、外見は「へちゃむくれでずんぐりむっくり」。しかし頭脳は天才的に優れ、鋭い観察眼と国王の責務を果たそうとする行動力を持つ。加えてヘンタイ的性格という複雑な人物は、誰にでも演じられるキャラクターではない。最初は尊大で甘やかされた支配者に見えるパタリロが、次第に愛らしく頼もしい為政者に見えてくるのは、加藤の力量のなせる業だ。


もう一人が青木玄徳のバンコラン。イギリスMI6の諜報員であり、訪英中のパタリロ護衛を担当したのをきっかけにその後もパタリロを守ることになる。が、そんなことはどうでもいいのだ! ただただ美しい。細身・長身・切れ長の眼・笑わぬ口元。硬派ながらも内なるフェロモンは隠せない、少女漫画が求める完璧な男性像を200%体現した青木バンコランは、ほとんど奇跡である。そのクールなバンコランの必殺超能力が「目からビーーーム!」的な悩殺“眼力”というギャグ! この落差がたまらない。


加藤、青木を含め出演者の身体能力はいずれも抜群。キレッキレのパフォーマンスを見せてくれる。そして何より優れているのが音楽だ。「パタリロ!」の連載が始まった昭和の懐かしい雰囲気も現代のカッコよさも、どちらもありながら統一感を醸し出す。特にダンスナンバーは秀逸。原作漫画の持つアナーキーなポテンシャルはそのままに、キャラクターに徹する俳優たちの多面性を引き出して、さらに躍動させる小林顕作の演出が光る。