衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク
  • 加入申し込み
  • 会員登録
  • 番組表

今、中国歴史ドラマが熱い!ミーユエ歴史考察「ミーユエ 王朝を照らす月」

 「ミーユエ 王朝を照らす月」 主人公、ミーユエは()国の王女です。 第二話では、父・威王(いおう)(さい)(えつ)との戦いに出撃します。 越はこの戦いで敗れその後滅亡へと向かいます。

さて、そもそもこの時代の国はどうなっているのでしょうか。 ここを大まかに把握しておけばドラマを見る上でも状況を把握しやすいでしょう。


紀元前338年から始まるこのドラマ。当時、中国は戦国時代中期。 日本の戦国は、室町と江戸をつなぐ時代(安土桃山も間に有)ですが、 中国の戦国は、(しゅう)(しん)をつなぐ時代(春秋も間に有)です。共に群雄割拠。


当時、7つの大国【戦国七雄】((しん)()(せい)(えん)(ちょう)()(かん))と小国((えい)()(そう)中山(ちゅうざん)(しゅう))が連立していました。

後の時代、有名な三国志ならたった3国だけなので覚えやすいですが戦国は国が多くて大変です。 そのうち楚は強国の1つ。主に、秦と斉との強国間争いを繰り広げます。 中国の南半分を広範囲に抑える国でした。(三国志の呉とほぼ同じ領土)


★戦国七雄を強い順に簡単にまとめますと
秦・・・後に始皇帝を輩出する。商鞅(しょうおう)の改革により強力な中央集権体制に変わる。人材多数。ミーユエの嫁ぎ先。
楚・・・周代より続く国。過去、荘王(そうおう)の時代強くなる。ミーユエの出身国。
    呉起、屈原(くつげん)(ミーユエの師)、春申君(しゅんしんくん)黄歇(こうあつ)、ミーユエの友)らの活躍。
斉・・・紀元前386年にできた新興国。威王、孫臏(そんびん)孟嘗君(もうりょうくん)らの活躍。
燕・・・周代より続く国。以降、昭王の時代強くなる。楽毅(がっき)らの活躍。
趙・・・紀元前400年代、晋から分裂。以降、武霊王(ぶれいおう)の時代強くなる。李牧(りぼく)平原君(へいげんくん)らの活躍。
魏・・・紀元前400年代、晋から分裂。過去、文侯(ぶんこう)の時代強くなる。文侯(ぶんこう)らの活躍。
韓・・・紀元前400年代、晋から分裂。信陵君(しんりょうくん)の治世。


 戦国七雄三国時代では、諸葛孔明の有名な【天下三分の計】で3勢力を目指した後、全国統一を目論見ました。
戦国時代はというと、特に強い秦に対して6国が同盟してあたる【合従(がっしょう)策】とそれを阻止し各国と秦が個別に同盟するようにしむけながら他国をつぶす【連衡(れんこう)策】が繰り広げられます。


ドラマにおける楚の他国との駆け引きをぜひ楽しんでください!