衛星劇場 あなたのテレビライフを豊かにする。邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

邦画・洋画・韓流・歌舞伎などバラエティに富んだ上質エンターテインメントチャンネル

機能リンク
  • 加入申し込み
  • 会員登録
  • 番組表

鱈々

  • チェック

作:李康白
演出:栗山民也
出演:藤原竜也 山本裕典 中村ゆり 木場勝己


韓国演劇界の巨匠・李康白が1993年に発表した傑作4人芝居を、日本を代表する演出家・栗山民也の演出で上演。主演は、映像分野に活躍の場を広げながら、原点である舞台で常に新しい挑戦をし続ける俳優・藤原竜也。今回、初めて韓国戯曲に挑む。共演には、数々の主演舞台を経て、演劇界で確実に存在感を増している個性派俳優・山本裕典、話題作『焼肉ドラゴン』での熱演が記憶に新しい、演技派女優・中村ゆり、日本の名立たる演出家たちが絶大な信頼を寄せる名優・木場勝己と、豪華な顔ぶれが揃う。

俺を追いつめたのは、一人の男と、一つの箱。
この干し鱈の頭(プ ゴ テガリ)をいつもそばに置いて、俺のこと思い出してくれ―。

二人の男は長い間、倉庫で働き、倉庫の中で共に暮らしてきた。ジャーン(藤原竜也)とキーム(山本裕典)。彼らの仕事は箱を指示通りに管理するだけの単調な毎日。箱の中身は知らない。 ジャーンは、与えられた仕事を完全にこなすことが、自分が価値ある存在だと確認できる唯一の方法と信じ、ひたすら仕事に励む。一方キームは単調な生活に嫌気がさし、適当に働き、夜は外で酒を飲み女と遊ぶ。ジャーンはキームを家族のように想って世話を焼くがキームはそれが気に入らない。 そんなある日、キームの遊び相手、ミス・ダーリン(中村ゆり)、さらにトラック運転手である彼女の父(木場勝己)が倉庫に現れ、二人の日常に変化が訪れる。二人は、倉庫での暮らしを、このまま続けることができるのか。

(2016年10月7日〜10月30日 天王洲 銀河劇場)


各話放送日一覧

劇場への扉〜アンコールSP〜
- 2月 9日(金) 前 7:30

« ステージアワー一覧へ戻る

▲このページの先頭へもどる