グッバイ ミスターブラック

韓国未放送映像を含む再編集版『グッバイ ミスターブラック』日本初放送!

グッバイ ミスターブラック

日本初放送


「グッバイ ミスターブラック」

▼『グッバイ ミスターブラック』(全24話)【日本初放送】
★8月16日(火)放送スタート! 毎週(火)後11:00〜深1:30 他

イ・ジヌク&ムン・チェウォン主演の復讐ロマンス劇。信じていた親友に裏切られ、復讐を誓う“ブラック”と化した男と、彼を愛する女性“スワン”の切ない愛を描く。

復讐を誓う男“ブラック”を『君を愛した時間』のイ・ジヌクが演じ、今作のために髪をバッサリと切ったムン・チェウォンがヒロイン“スワン”を演じる。またキム・ガンウが悪の道に手を染めていく親友ソンジェ役を熱演! 人気急上昇中のソン・ジェリムが、主人公とヒロインとの恋の三角関係を繰り広げるのも見どころだ。
※韓国未放送映像を含む再編集版

韓流アワー

拝啓天皇陛下様

没後20年 渥美清主演作特集

没後20年 渥美清主演作特集
「男はつらいよ」シリーズ

HD初放送


「拝啓天皇陛下様」


■放送作品
『あいつばかりが何故もてる』(監督:酒井欣也/1962年)
『つむじ風』(監督:中村登/1963年)【HD初放送】
『拝啓天皇陛下様』(監督:野村芳太郎/1963年)
『白昼堂々』(監督:野村芳太郎/1968年)【HD初放送】


★「男はつらいよ」シリーズもあわせてお楽しみください
『男はつらいよ 寅次郎の休日』『男はつらいよ 寅次郎の告白』
『男はつらいよ 寅次郎の青春』『男はつらいよ 寅次郎の縁談』

レコメンドアワー

ラブリー・アラン

『ラブリー・アラン』一挙放送決定!

韓国ドラマアンコール一挙放送

「ラブリー・アラン」



▼『ラブリー・アラン』(全16話)

★8月31日(水)一挙放送スタート!
平日 前5:00〜7:30

最強のアラフォーおかん登場!子 を想う母の強さ・哀愁・優しさを描き熱い支持を得た痛快ストーリー! 『シンイ−信義−』のキム・ヒソンが初の母親役に挑戦! 『イニョン王妃の男』のチ・ヒョヌが見守り男子に!ヒロインを優しく支える姿に胸キュン! 『太陽を抱く月』のキム・ユジョン、B1A4のバロ、AFTERSCHOOLのリジら、期待の若手たちが集結!






韓流アワー

野火

戦争と映画2016〜戦後70年・ミニシアター精選作品〜

戦争と映画2016〜戦後70年・ミニシアター精選作品〜

TV初放送


「野火」

■放送作品
『野火』(監督:塚本晋也/2014年)
戦後文学の金字塔と称される大岡昇平の同名小説を、鬼才・塚本晋也が監督・主演で映画化。極彩色の原野をさまよう兵士の目を通して、戦争の愚かしさと人間の悲しみ、そして力強さを描く。

『ひとりひとりの戦場〜最後の零戦パイロット〜』(監督:楠山忠之/2015年)【テレビ初放送】
元零戦パイロット・原田要さん(2016年5月3日没)が歴史の裏側に埋もれた戦争の真実を語るドキュメンタリー映画。日米双方の関係者が語る戦争の真実とは…?

『薩チャン 正ちゃん 〜戦後民主的独立プロ奮闘記〜』(監督:池田博穂/2015年)【テレビ初放送】
山本薩夫監督(薩チャン)、今井正監督(正ちゃん)を中心に、1950〜60年代の独立プロ映画黄金時代を築いた監督とそのスタッフたちの軌跡を、その当時を知る関係者にインタビュー(新撮)し、その中に登場する映画の一部シーンや、写真、資料映像などを織り交ぜながら構成する記録映画。

レコメンドアワー

家庭内失踪

M&Oplasプロデュース 舞台「家庭内失踪」テレビ初放送!

M&Oplaysプロデュース 
舞台「家庭内失踪」

TV初放送


『家庭内失踪』

★8月14日(日)後4:15、8月26日(金)前7:30

[演出]岩松了
[作]岩松了
[出演]小泉今日子 風間杜夫 小野ゆり子 落合モトキ 坂本慶介 岩松了

倦怠期真っただ中のある夫婦のもとへ、妻とは血の繋がらない前妻の娘が出戻ってきた。笑いと謎に満ちた岩松的ホームドラマの決定版! 倦怠期真っただ中の年の差夫婦を小泉今日子と風間杜夫が演じる。

高校の教師をしていた野村(風間杜夫)は妻を亡くしてから三年目、後妻に雪子(小泉今日子)を迎えた。先妻の子・かすみ(小野ゆり子)が結婚した夜、野村は雪子に別居を申し出られる。主な理由は夫の性的要求に耐えがたいものを感じていたからだ。しかし別居は叶わず、ダラダラと夫婦生活を続けている。その後、夫は定年退職し、結婚したかすみは夫の石塚とギクシャクした関係になり、実家である野村家に帰って来た。
(2016年3月11日〜3月23日 下北沢・本多劇場)

ステージアワー

怪談牡丹燈籠(前編)

特選歌舞伎〜怪談特集〜

特選歌舞伎〜怪談特集〜

『怪談牡丹燈籠(前編)』

■放送作品
『怪談牡丹燈籠(前編)』『怪談牡丹燈籠(後編)』
幽霊よりも恐ろしい人間の罪と強欲。三遊亭圓朝の怪談噺を脚色した夏狂言。三津五郎の伴蔵に、福助のお峰、橋之助の源次郎、勘太郎(現・勘九郎)のお露、七之助の新三郎、扇雀のお国、勘九郎(十八世勘三郎)の馬子久蔵と三遊亭圓朝で。

『怪談敷島譚(前編)』『怪談敷島譚(後編)』
河竹黙阿弥作の怪談物。染五郎が傾城敷島、その恋人十三カ、悪女お玉の三役を早替りで勤めた奮闘公演。ほか高麗蔵のお長、歌江のお爪、梅玉の源四郎で。

『コクーン歌舞伎 東海道四谷怪談〜南番(前編)<序幕・二幕目>』
『コクーン歌舞伎 東海道四谷怪談〜南番(後編)<三幕目・大詰>』

お岩の悲哀と恐ろしさを“コクーン歌舞伎”ならではの演出で。お岩・小仏小平・佐藤与茂七の三役に勘三郎、伊右衛門に橋之助、直助権兵衛に彌十郎、お袖に扇雀、お梅に七之助、そして伊藤喜兵衛と伊右衛門の母お熊に笹野高史で。

『<シネマ歌舞伎> 高野聖』 深山の孤家に住む女に魅せられた若き僧の一夜。魔性と聖性の二面性を持つ女を玉三郎、信仰心篤い若い僧を獅童がつとめ、日常と非日常が交錯する泉鏡花の幻想的な美の世界がくり広げられる。

ステージアワー